ソフトB長谷川がトドメの8号 球団期待の「哲学者」復活か

公開日:  更新日:

 選手会長がトドメを刺した。

 30日の西武戦。ソフトバンクの長谷川勇也(31)が、1点を勝ち越した直後の2死一塁で今季8号の2ランをスタンドに叩き込んだ。

 2位の日本ハムが敗れてゲーム差は0.5。首位を堅守したことに、「いいリズムでいけている」と話すなど選手会長としての顔ものぞかせたが、問題は自身の成績だ。

 30日現在、打率・271。13年に.341、198安打をマークし、首位打者と最多安打に輝いた当時の打撃には遠く及ばない。チーム内では「哲学者」と呼ばれるほど打撃を追求しているだけに、チームが勝っても満足できないだろう。

「14年オフの右足首手術の影響もあり、昨季出場はたったの30試合。それでも契約更改では現状維持の年俸2億円で3年契約プラス出来高を提示された。今季、国内FA権を取得したため、その流出防止策だが、当の本人が『本当にこの契約でいいのかな』と驚いていたほど。長谷川はクソが付くほどの真面目な男ですからね。『何としてでも1年目から結果を』と意気込んでいる」(OB)

 かつて不動の定位置だった右翼も、若手の成長などがあり、今季はDHがメーン。哲学者が復活すれば、チームへのプラスはもちろん大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る