• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ソフトB長谷川がトドメの8号 球団期待の「哲学者」復活か

 選手会長がトドメを刺した。

 30日の西武戦。ソフトバンクの長谷川勇也(31)が、1点を勝ち越した直後の2死一塁で今季8号の2ランをスタンドに叩き込んだ。

 2位の日本ハムが敗れてゲーム差は0.5。首位を堅守したことに、「いいリズムでいけている」と話すなど選手会長としての顔ものぞかせたが、問題は自身の成績だ。

 30日現在、打率・271。13年に.341、198安打をマークし、首位打者と最多安打に輝いた当時の打撃には遠く及ばない。チーム内では「哲学者」と呼ばれるほど打撃を追求しているだけに、チームが勝っても満足できないだろう。

「14年オフの右足首手術の影響もあり、昨季出場はたったの30試合。それでも契約更改では現状維持の年俸2億円で3年契約プラス出来高を提示された。今季、国内FA権を取得したため、その流出防止策だが、当の本人が『本当にこの契約でいいのかな』と驚いていたほど。長谷川はクソが付くほどの真面目な男ですからね。『何としてでも1年目から結果を』と意気込んでいる」(OB)

 かつて不動の定位置だった右翼も、若手の成長などがあり、今季はDHがメーン。哲学者が復活すれば、チームへのプラスはもちろん大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る