• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メダリストをタレント扱いするTV局とアスリートの“下心”

 リオ五輪が終わって2週間が過ぎても、メダリストたちはバラエティー番組に引っ張りだこだ。日本選手団のジャージーに金、銀、銅のメダルをぶら下げた選手たちは、MCやお笑いタレントに促され「試合中はノーパンだった」「選手村ではコンドームが無料で手に入った」「部屋のトイレのドアは壊れている。トイレの紙は流さず、箱に入れる」「ゲームは無料」などと、つまらない話で盛り上がっている。

 ある深夜の番組では、女子レスリングで4連覇した伊調馨が、小型カメラをつけた女性タレントにローリング(体を回転させる技)をかけたり、かけられたりして、タレントは大喜び。小娘にレスリングの真似ごとをやらせて、伊調から何を引き出せるというのか。テレビ局は五輪が終わるたびにメダリストをおもちゃにすれば視聴率が取れると思っているのだろうが、米国事情に詳しいスポーツライターの吉川英三郎氏が呆れ顔でこういう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る