巨人が2位狙いの創価大・池田 完全復帰で“外れ1位”に昇格

公開日: 更新日:

 プロ野球ドラフト会議まで1カ月強。右肩痛からの復活を目指していた最速156キロ右腕、創価大・田中正義(4年=創価高)が10日の東京新大学リーグで復帰登板を果たした。超目玉候補を視察したプロのスカウト陣は一安心したが、その翌日には同じ創価大の同級生も復活した。

 最速151キロ右腕の池田隆英(4年=創価高)だ。11日のリーグ戦には日米20人以上のスカウトが集結。6月下旬に受けた右足首の遊離軟骨除去手術の不安を感じさせず、直球は自己最速に迫る150キロの好投を見せて一躍、上位候補に躍り出たのだ。視察した巨人の山下スカウト部長は「(1位)12人に入ってきてもおかしくない」とドラフト1位候補に急浮上する可能性も示唆した。

■創価高時代は「背番号1」

 創価高時代、右肩を痛めた同期の田中に代わり、背番号「1」を背負った逸材。が、高3夏に右膝前十字靱帯を断裂し、大学入学後も1年間リハビリに費やした。復帰したのは2年春。今春にリーグ戦に初先発し、やっと3勝を挙げた投手である。パ・リーグのスカウトがこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る