貧打巨人V逸の戦犯に…村田HCは今年こそ“男気退任”必至

公開日:  更新日:

 広島の優勝マジックが「3」となり、巨人のV逸は目前だ。6日の阪神戦に勝利し、連敗を4で止めたとはいえ、広島のマジック点灯後は2勝8敗の体たらく。この日は主将で打率トップを走る坂本が4日に左ヒザに自打球を当てた影響で欠場した。久しぶりに勝っても、どうにもピリッとしない。高橋由伸監督(41)は「結果が全て。勝つことが全てですから、こうしてひとつ勝ったことで流れが変わってくれたら」と淡々と話した。

 就任1年目の高橋監督の立場は安泰だが、昨季も2位でV逸しているだけに、責任を追及する声は当然上がる。チーム関係者がこう言う。

「V逸でも一、二、三軍のコーチ人事は思ったより無風ともっぱらなんです。高橋監督の目指す野球は、今のコーチ陣が把握している。といっても、広島にこんなにぶっちぎられた責任は誰かが取らないといけない。ここ何年か貧打、貧打といわれてきた。新体制になった昨秋のキャンプから、あの手この手を打ってきたのに、今季もリーグ最下位の453得点と改善されなかった。となると、責任は昨年まで主に打撃を指導し、男気あふれる性格の村田真ヘッドコーチが取りそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る