10回135球 西武・岸の延長戦続投はFA移籍の“置き土産”か

公開日:  更新日:

 西武の岸(31)が、14日のロッテ戦で腕も折れよと力投した。八回まで6安打無失点に抑え、九回に入った時点で1点リード。完封勝利を目前にしながら、角中にソロを浴び、試合は延長戦に突入した。115球を投げていた岸はお役御免かと思われたが、延長十回も続投。結局、延長十一回に浅村が勝ち越しソロを放ち、135球を投げきった岸は今季8勝目(7敗)を挙げた。

 岸は昨季、開幕直前に脇腹を痛めて出遅れ、5勝6敗。今季も4月に右足負傷で1カ月半、戦線を離脱している。だからだろう、自力CSがとっくに消滅しているこの時期の力投は、「オフにFA移籍して去っていく球団への恩返しではないか」(球団OB)という見方もある。

「(延長十回は)球数が少なかったので、もう1回行こうと。チームに迷惑をかけたので、今日は1人で投げたかった」と話した岸。

 今季残り少ない登板で、球団に何を残すか。これが置き土産になるか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

もっと見る