10回135球 西武・岸の延長戦続投はFA移籍の“置き土産”か

公開日:  更新日:

 西武の岸(31)が、14日のロッテ戦で腕も折れよと力投した。八回まで6安打無失点に抑え、九回に入った時点で1点リード。完封勝利を目前にしながら、角中にソロを浴び、試合は延長戦に突入した。115球を投げていた岸はお役御免かと思われたが、延長十回も続投。結局、延長十一回に浅村が勝ち越しソロを放ち、135球を投げきった岸は今季8勝目(7敗)を挙げた。

 岸は昨季、開幕直前に脇腹を痛めて出遅れ、5勝6敗。今季も4月に右足負傷で1カ月半、戦線を離脱している。だからだろう、自力CSがとっくに消滅しているこの時期の力投は、「オフにFA移籍して去っていく球団への恩返しではないか」(球団OB)という見方もある。

「(延長十回は)球数が少なかったので、もう1回行こうと。チームに迷惑をかけたので、今日は1人で投げたかった」と話した岸。

 今季残り少ない登板で、球団に何を残すか。これが置き土産になるか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る