西武が大奮発 メヒアを3年15億円で引き留めに成功

公開日:  更新日:

「私を信じてくれたライオンズに感謝している」

 西武のメヒア(30)がこう話すのも当然だ。

 6日、西武は助っ人のメヒアとの契約延長を発表。今季は年俸3億円だったのが、来季から3年15億円プラス出来高と破格の条件である。

 現在は米国に住む夫人の出産に立ち会うため帰国中だが、もっか打率.263、33本塁打、96打点。異例となるシーズン途中の契約延長に、本人もニンマリだろう。

 もっとも、そうでもしなければ他球団への流出が避けられなかったのは事実。本来、今季で契約が切れる予定だったメヒアは、複数球団から狙われていた。中でも熱心だったのが、主砲不在に泣く巨人、阪神、ソフトバンク。金満3球団の争奪戦となれば、到底西武の及ぶところではない。だからこそ、前半戦のうちから代理人と交渉を重ね、多少の無理は承知でも残留にこぎ着ける必要があったのだ。

 とはいえ、そこは金銭に余裕がない西武だ。金庫はカラッポ、来季に向けた補強もこれで打ち止めかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る