• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

西武が大奮発 メヒアを3年15億円で引き留めに成功

「私を信じてくれたライオンズに感謝している」

 西武のメヒア(30)がこう話すのも当然だ。

 6日、西武は助っ人のメヒアとの契約延長を発表。今季は年俸3億円だったのが、来季から3年15億円プラス出来高と破格の条件である。

 現在は米国に住む夫人の出産に立ち会うため帰国中だが、もっか打率.263、33本塁打、96打点。異例となるシーズン途中の契約延長に、本人もニンマリだろう。

 もっとも、そうでもしなければ他球団への流出が避けられなかったのは事実。本来、今季で契約が切れる予定だったメヒアは、複数球団から狙われていた。中でも熱心だったのが、主砲不在に泣く巨人、阪神、ソフトバンク。金満3球団の争奪戦となれば、到底西武の及ぶところではない。だからこそ、前半戦のうちから代理人と交渉を重ね、多少の無理は承知でも残留にこぎ着ける必要があったのだ。

 とはいえ、そこは金銭に余裕がない西武だ。金庫はカラッポ、来季に向けた補強もこれで打ち止めかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  6. 6

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  7. 7

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る