• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リーグVへM1も…ハムCSへの不安は大谷“打者専念”の反動

 打って走って、連日のようにヒーローになっている日本ハムの大谷翔平(22)が、優勝マジックを「1」とした26日のロッテ戦も勝利に貢献した。1点リードの六回表無死二塁から、右前に中押しの適時打を放った。

 去る21日からのソフトバンク戦に連勝、マジックをともして以降も日本ハム打線に一時の勢いは見られない。ここ2試合はいずれも1点差勝ち。大谷を欠いた23日の楽天戦は2点しか取れずに敗れた。打つばかりか、走塁もソツない大谷を打線から外せない理由は理解できる。

 27日の西武戦は吉川が先発し、28日は有原、30日の最終戦は増井が登板予定。27日の結果いかんでローテが変わる可能性はあるにせよ、栗山監督は最後まで大谷を野手に専念させることを決断したことになる。まずはリーグ優勝が最大目標だから、勝つためには最善の策に違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  3. 3

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  6. 6

    目黒5歳女児も 学歴コンプレックスの親がハマる“教育虐待”

  7. 7

    金融緩和継続 欧米と金利差拡大で円&国債大暴落の現実味

  8. 8

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

  9. 9

    公式本も発売 空前ブーム「おっさんずラブ」に続編あるか

  10. 10

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

もっと見る