• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

首位SBに肉薄 ハムの好調打線は大谷ひとりの献身にあらず

 投手と野手の二刀流が約2カ月間、野手に専念して打ちまくった影響は大きいに違いない。

 19日のロッテ戦に勝って3連勝、この日引き分けた首位・ソフトバンクをゲーム差なしで追う日本ハムの攻撃力のことだ。

 19日現在、チーム打率.267、チーム総得点596は、いずれもリーグトップ。中でも打率は昨季の.258を1分近く上回っている。

 昨年は野手として70試合しか出場しなかった大谷翔平(22)が、今季はすでに97試合に出場して.318、22本塁打、65打点。長期間にわたって野手に専念したのはマメの影響より、得点力不足を解消するため、大谷抜きの打線では点が取れないという栗山監督の判断が働いたからだといわれている。

 この日も初回に先制の犠邪飛を放つなど、野手としての貢献度は計り知れないが、しかし、得点力アップは大谷ひとりのおかげなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る