最後まで味方が見殺し G菅野が打線の援護に恵まれぬワケ

公開日:  更新日:

 4年連続2ケタ勝利はならなかった。

 28日の中日戦で巨人の菅野智之(26)が5回を投げて94球2失点。その裏に代打を送られ降板した。1.97でこの試合に臨んだ防御率は2.01になったものの、最優秀防御率と最多奪三振(189)のタイトル獲得には近づいた。それでも結局、9勝6敗。防御率1.91ながら10勝11敗に終わった昨季同様、打線の援護に恵まれず、平均2点台と味方に苦しめられた。

 巨人などで投手コーチを務めたOBの高橋善正氏(評論家)が言う。

「防御率1位の投手が10勝に届かないのは異例でしょう。菅野の登板試合は打線の援護が少ない。エースに勝ちをつけたいと打者に焦りが見えましたが、原因はそれだけではないでしょう。普通、援護してもらえない投手は、投球テンポが悪いことが多い。守備時の悪いリズムが打撃面にも影響するからです。ただ、菅野はテンポがいい投手の代表格。それならなぜか。相手投手が菅野のペースに引っ張られたことが考えられます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  5. 5

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  6. 6

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  7. 7

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  8. 8

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    狡猾な安倍政権、弱体化するメディア…6年弱で国は変貌

もっと見る