最後まで味方が見殺し G菅野が打線の援護に恵まれぬワケ

公開日: 更新日:

 4年連続2ケタ勝利はならなかった。

 28日の中日戦で巨人の菅野智之(26)が5回を投げて94球2失点。その裏に代打を送られ降板した。1.97でこの試合に臨んだ防御率は2.01になったものの、最優秀防御率と最多奪三振(189)のタイトル獲得には近づいた。それでも結局、9勝6敗。防御率1.91ながら10勝11敗に終わった昨季同様、打線の援護に恵まれず、平均2点台と味方に苦しめられた。

 巨人などで投手コーチを務めたOBの高橋善正氏(評論家)が言う。

「防御率1位の投手が10勝に届かないのは異例でしょう。菅野の登板試合は打線の援護が少ない。エースに勝ちをつけたいと打者に焦りが見えましたが、原因はそれだけではないでしょう。普通、援護してもらえない投手は、投球テンポが悪いことが多い。守備時の悪いリズムが打撃面にも影響するからです。ただ、菅野はテンポがいい投手の代表格。それならなぜか。相手投手が菅野のペースに引っ張られたことが考えられます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  3. 3

    DeNA筒香が大打撃…侍メンバー漏れでメジャー挑戦に暗雲

  4. 4

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  5. 5

    安倍昭恵夫人の“奇抜ドレス”「即位礼正殿の儀」をブチ壊し

  6. 6

    南アに“ジェイミー流”で屈辱ノートライ W杯4強逃した背景

  7. 7

    CS出場なのに…阪神“蚊帳の外”侍Jに選出ゼロという悲哀

  8. 8

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  9. 9

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る