今季初の5連勝も 阪神は最後まで“お試し起用”の繰り返し

公開日: 更新日:

阪神は今年、ずっとオープン戦をやろうとしていたのではないか」

 球界OBがこう言った。

 金本監督は27日のヤクルト戦で、1番にドラフト5位新人の板山を置き、左腕の岩崎を中継ぎで起用した。すでにBクラスが決定している阪神にとって、来季を見据えた起用になるのはわかるとして、金本監督は開幕からずっと、こうした「トライアル起用」を続けてきた。

 開幕時に実績のない1番高山、2番横田を抜擢したことに始まり、3番に江越を置くなど、若手を試し続けた。5月中には「このメンバーで固定しようがない」と言ったこともあったが、シーズン中に鳥谷、上本を不慣れな三塁で起用したのもお試しである。

 だが、冒頭のOBは、「シーズンはオープン戦の延長ではない。今季は一軍で使っては二軍に落としての繰り返し。使う選手の打順、守備位置もコロコロ替える。個々には役割があるのに、それを無視した使い方を続けた。一貫性があるのは北條を遊撃に固定したくらいだろう。首脳陣が選手の適材適所を見いだせないことの裏返しでもある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    相次ぐ教師の陽性…小池知事は市中感染拡大も見て見ぬふり

もっと見る