• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

エース岸が海外FA権獲得も 引き留め気配みせぬ西武の本音

 残留要請どころか、むしろせかしていないか。今季、海外FA権を取得した西武の岸孝之(31)。今季は右足負傷の影響で1カ月半戦線を離脱し、9勝(7敗)止まり。それでも長年西武を支えた、通算103勝のエースだけに球団は引き留めに必死かと思いきや、さにあらずだ。

 鈴木球団本部長は岸との交渉について、「チーム編成が遅れるので、早めにハッキリさせたい。マネーゲームになるのも避けたい」と話している。

 FA宣言をし、他球団の評価を聞いて回ればそれだけ時間もかかる。岸の年俸は2億2500万円。すでに楽天が「3年総額12億円」を用意しているという報道があるにもかかわらず、条件の上積みもなければ、考える時間も与えないという感じなのである。

 西武のフロントはとかく、昔から高圧的な態度を取ることが多かった。かつて所属した石井義人は「FA宣言するなら、他球団の話を聞くなと言われた。これじゃあ何のためのFA権なんですか!」と怒りもあらわにしていたほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  6. 6

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  7. 7

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  10. 10

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

もっと見る