エース岸が海外FA権獲得も 引き留め気配みせぬ西武の本音

公開日:  更新日:

 残留要請どころか、むしろせかしていないか。今季、海外FA権を取得した西武の岸孝之(31)。今季は右足負傷の影響で1カ月半戦線を離脱し、9勝(7敗)止まり。それでも長年西武を支えた、通算103勝のエースだけに球団は引き留めに必死かと思いきや、さにあらずだ。

 鈴木球団本部長は岸との交渉について、「チーム編成が遅れるので、早めにハッキリさせたい。マネーゲームになるのも避けたい」と話している。

 FA宣言をし、他球団の評価を聞いて回ればそれだけ時間もかかる。岸の年俸は2億2500万円。すでに楽天が「3年総額12億円」を用意しているという報道があるにもかかわらず、条件の上積みもなければ、考える時間も与えないという感じなのである。

 西武のフロントはとかく、昔から高圧的な態度を取ることが多かった。かつて所属した石井義人は「FA宣言するなら、他球団の話を聞くなと言われた。これじゃあ何のためのFA権なんですか!」と怒りもあらわにしていたほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る