エース岸が海外FA権獲得も 引き留め気配みせぬ西武の本音

公開日:  更新日:

 残留要請どころか、むしろせかしていないか。今季、海外FA権を取得した西武の岸孝之(31)。今季は右足負傷の影響で1カ月半戦線を離脱し、9勝(7敗)止まり。それでも長年西武を支えた、通算103勝のエースだけに球団は引き留めに必死かと思いきや、さにあらずだ。

 鈴木球団本部長は岸との交渉について、「チーム編成が遅れるので、早めにハッキリさせたい。マネーゲームになるのも避けたい」と話している。

 FA宣言をし、他球団の評価を聞いて回ればそれだけ時間もかかる。岸の年俸は2億2500万円。すでに楽天が「3年総額12億円」を用意しているという報道があるにもかかわらず、条件の上積みもなければ、考える時間も与えないという感じなのである。

 西武のフロントはとかく、昔から高圧的な態度を取ることが多かった。かつて所属した石井義人は「FA宣言するなら、他球団の話を聞くなと言われた。これじゃあ何のためのFA権なんですか!」と怒りもあらわにしていたほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る