ハム戦で先発不足露呈 田中正義“争奪戦”にソフトB参戦か

公開日:

「これでまた競合相手が増えるかもしれないな」

 ソフトバンクの3年連続日本一の夢が散り、セの球団スカウトがこう言った。この球団は、今月20日のドラフトで大学生の即戦力投手獲得を狙っている。そこへ、「ソフトバンクが割って入ってくるかもしれない」と言うのである。

 12球団トップの年俸総額を誇る圧倒的な資金力を武器にチームを強化してきたソフトバンクは、ここ数年のドラフトでは先を見据えた戦略をとってきた。過去3年の1位指名はいずれも高校生投手(13年は桐光学園の松井裕樹=現楽天の抽選に外れJR九州の加治屋を獲得)。昨年、一昨年のドラフトで獲得した計11選手(育成契約を除く)のうち、高校生は実に10人にのぼった。

 先日のスカウト会議後にも小川編成・育成部長兼スカウト室長は、高校にも大学、社会人にも好投手が豊富にいるとし、「あとは他球団の動向と抽選の数(で最終的な1位を決める)」と発言。重複の可能性が高い即戦力を回避し、履正社の寺島ら高校生投手の指名を示唆していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る