ハム戦で先発不足露呈 田中正義“争奪戦”にソフトB参戦か

公開日: 更新日:

「これでまた競合相手が増えるかもしれないな」

 ソフトバンクの3年連続日本一の夢が散り、セの球団スカウトがこう言った。この球団は、今月20日のドラフトで大学生の即戦力投手獲得を狙っている。そこへ、「ソフトバンクが割って入ってくるかもしれない」と言うのである。

 12球団トップの年俸総額を誇る圧倒的な資金力を武器にチームを強化してきたソフトバンクは、ここ数年のドラフトでは先を見据えた戦略をとってきた。過去3年の1位指名はいずれも高校生投手(13年は桐光学園の松井裕樹=現楽天の抽選に外れJR九州の加治屋を獲得)。昨年、一昨年のドラフトで獲得した計11選手(育成契約を除く)のうち、高校生は実に10人にのぼった。

 先日のスカウト会議後にも小川編成・育成部長兼スカウト室長は、高校にも大学、社会人にも好投手が豊富にいるとし、「あとは他球団の動向と抽選の数(で最終的な1位を決める)」と発言。重複の可能性が高い即戦力を回避し、履正社の寺島ら高校生投手の指名を示唆していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パナマ文書に義姉会社 加藤厚労相とベネッセ“奇怪な関係”

  2. 2

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    東大が方針転換 英語民間試験に突き付けた「NO!」の波紋

  5. 5

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  6. 6

    日本はもはや国の体をなしていないことを実感した1カ月

  7. 7

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  8. 8

    時代の流れに逆行…花形種目のマラソンが五輪から消える日

  9. 9

    渥美清<前編>“飴屋横丁”で働き身につけた寅さんの売り口上

  10. 10

    「FNS27時間テレビ」過去最低5.8%記録 では最高視聴率は?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る