流経大戦で“最終テスト” 創価大・田中ドラ1指名への不安

公開日: 更新日:

 20日に迫ったドラフト会議で1番人気の創価大・田中正義(22=創価)。15日の東京新大学リーグ・流通経大戦の先発が予想されるが、舞台の県営大宮球場に大量のスカウトが押し寄せそうだという。

 もともとダントツの超目玉候補。12球団1位競合の可能性も指摘されたが、今春に右肩を痛めた影響から、いまだに大部分の球団がGOサインを出せていないのだ。

 巨人は山下部長も含めたスカウトが総動員でチェックする予定。他球団もスカウトが集結し、最終判断を下すとみられる。山下部長は「ちゃんと投げているかだけの確認」と言った。実力は疑いようがない。「確認」したいのは、故障から完全に復調しているか。これから再発しないか。

 パ・リーグのあるスカウトは「正義の1位競合は最終的に4、5球団が現実的なラインではないか」と見通しを示す。これが、15日の試合のデキ次第で増減する可能性があるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  2. 2

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  5. 5

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  6. 6

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  7. 7

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  8. 8

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  9. 9

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

  10. 10

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

もっと見る