流経大戦で“最終テスト” 創価大・田中ドラ1指名への不安

公開日:  更新日:

 20日に迫ったドラフト会議で1番人気の創価大・田中正義(22=創価)。15日の東京新大学リーグ・流通経大戦の先発が予想されるが、舞台の県営大宮球場に大量のスカウトが押し寄せそうだという。

 もともとダントツの超目玉候補。12球団1位競合の可能性も指摘されたが、今春に右肩を痛めた影響から、いまだに大部分の球団がGOサインを出せていないのだ。

 巨人は山下部長も含めたスカウトが総動員でチェックする予定。他球団もスカウトが集結し、最終判断を下すとみられる。山下部長は「ちゃんと投げているかだけの確認」と言った。実力は疑いようがない。「確認」したいのは、故障から完全に復調しているか。これから再発しないか。

 パ・リーグのあるスカウトは「正義の1位競合は最終的に4、5球団が現実的なラインではないか」と見通しを示す。これが、15日の試合のデキ次第で増減する可能性があるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    メジャー評価は根尾より上 小園海斗の身体能力はケタ違い

もっと見る