巨神ハムが指名及び腰…創価大・田中が評価下げた理由

公開日: 更新日:

 創価大の田中正義といえば、今年のドラフトの目玉右腕。プロの二軍相手に4回を投げ、7者連続を含む8三振を奪った3年時には「12球団の1位指名もある」との声も上がったほどだ。

 そんな逸材に対するプロ側の評価が、なぜか芳しくない。巨人阪神は田中より桜美林大の佐々木を買っているともっぱらだし、創価大と太いパイプをもつ日本ハムも高校生投手にシフトしているらしい。

 田中は今年の春、右肩を痛めたとはいえ、秋のリーグ戦で復活。4連戦で3試合に登板し、150キロ超のストレートも連発している。にもかかわらず、プロ側の評価がパッとしないのはなぜか。

「痛めたのが肘でなく肩というのがネック。創価高時代にも右肩を痛めているし、関節が緩いという話もある。肘ならともかく、肩の故障は深刻ですから」とセのあるスカウトがこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  2. 2

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  8. 8

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

もっと見る