巨神ハムが指名及び腰…創価大・田中が評価下げた理由

公開日:  更新日:

 創価大の田中正義といえば、今年のドラフトの目玉右腕。プロの二軍相手に4回を投げ、7者連続を含む8三振を奪った3年時には「12球団の1位指名もある」との声も上がったほどだ。

 そんな逸材に対するプロ側の評価が、なぜか芳しくない。巨人や阪神は田中より桜美林大の佐々木を買っているともっぱらだし、創価大と太いパイプをもつ日本ハムも高校生投手にシフトしているらしい。

 田中は今年の春、右肩を痛めたとはいえ、秋のリーグ戦で復活。4連戦で3試合に登板し、150キロ超のストレートも連発している。にもかかわらず、プロ側の評価がパッとしないのはなぜか。

「痛めたのが肘でなく肩というのがネック。創価高時代にも右肩を痛めているし、関節が緩いという話もある。肘ならともかく、肩の故障は深刻ですから」とセのあるスカウトがこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

もっと見る