日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨神ハムが指名及び腰…創価大・田中が評価下げた理由

 創価大の田中正義といえば、今年のドラフトの目玉右腕。プロの二軍相手に4回を投げ、7者連続を含む8三振を奪った3年時には「12球団の1位指名もある」との声も上がったほどだ。

 そんな逸材に対するプロ側の評価が、なぜか芳しくない。巨人や阪神は田中より桜美林大の佐々木を買っているともっぱらだし、創価大と太いパイプをもつ日本ハムも高校生投手にシフトしているらしい。

 田中は今年の春、右肩を痛めたとはいえ、秋のリーグ戦で復活。4連戦で3試合に登板し、150キロ超のストレートも連発している。にもかかわらず、プロ側の評価がパッとしないのはなぜか。

「痛めたのが肘でなく肩というのがネック。創価高時代にも右肩を痛めているし、関節が緩いという話もある。肘ならともかく、肩の故障は深刻ですから」とセのあるスカウトがこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事