ドジャース前田 投手を打席に迎えたところで“屈辱”の降板

公開日: 更新日:

 ドジャース・前田健太(28)が不可解な降板を告げられた。20日(日本時間21日)、カブスとのナ・リーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)第5戦に先発。この日は初回に先制を許しながらも、二回以降は持ち直す。四回は二塁打と死球で無死一、二塁のピンチを背負いながらも7、8番を打ち取ったが、9番のレスター投手を迎えたところで、ドジャースベンチが動いた。ロバーツ監督は早々と見切りを付け、前田に交代を命じたのだ。

 今季のレスターは59打数6安打の打率1割2厘。生涯打率は6分4厘と打撃が際立っている投手ではない。短期決戦だけに指揮官としては傷口が広がらないうちに早めに対処したのだろうが、それだけ前田を信用していないということ。

 ルーキー右腕には後味の悪い降板となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  4. 4

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  9. 9

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  10. 10

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

もっと見る