ドジャース前田13勝目で見えた新人王 ライバルは内にあり

公開日:  更新日:

 今後はチームの地区連覇と自身のタイトル取りをかけたマウンドになる。

 ドジャース・前田健太(28)が23日(日本時間24日)、ジャイアンツとの首位攻防戦に登板。5回6安打3失点4奪三振4四球と苦しみながら、打線の援護もあり、5連勝で今季13勝目(7敗)を挙げた。

 こうなると、視野に入ってくるのが新人王。マエケンはルーキーながらチームトップの勝ち星でドジャース投手陣を牽引。腰痛で離脱したサイ・ヤング賞左腕カーショウに代わって今やエース格だ。ナ・リーグの新人投手では勝ち星、防御率(3.29)ともトップ。新人王候補の一人であることに間違いないが、今季はア、ナ両リーグともルーキーの当たり年。ナ・リーグでは同僚のコリー・シーガー遊撃手(22=120試合で打率3割2分1厘、22本塁打、61打点)が新人王レースのライバルになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る