第5戦先発剥奪か…評価急落マエケン“来季ローテ落ち”危機

公開日: 更新日:

 ドジャースのルーキー右腕が厳しい状況に立たされた。前田健太(28)がポストシーズンのローテーションから外されそうなのだ。

 ロバーツ監督は17日(日本時間18日)、20日(同21日)のカブスとのナ・リーグ優勝決定シリーズ第5戦の先発を「現段階では、マエダでいく」としながら、シリーズの勝敗によってはエースでサイ・ヤング賞左腕のカーショウを中3日で起用すると示唆した。

 ポストシーズンの前田はここまで2試合(計7イニング)で0勝1敗、防御率9.00。2戦とも5回を持たずにKOされている。88年以来28年ぶりの世界一を目指すドジャースが状況次第で、シーズン終盤から疲労の度合いが色濃いルーキー右腕よりも、経験豊富なエース左腕を優先的に起用したいと考えるのは当然のことだ。

 ドジャースはここまでポストシーズンのローテーションをカーショウ、ヒル、前田の3人で回してきた。19日の第4戦には新人左腕のウリーアス(20=今季18試合で5勝2敗、防御率3.39)が登板予定だ。仮にドジャースがリーグ優勝しても安定感を欠く前田がワールドシリーズのローテーションから外れる可能性もあり、オフの補強次第では来季の立場も危うくなりかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  8. 8

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  9. 9

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  10. 10

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

もっと見る