• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

第5戦先発剥奪か…評価急落マエケン“来季ローテ落ち”危機

 ドジャースのルーキー右腕が厳しい状況に立たされた。前田健太(28)がポストシーズンのローテーションから外されそうなのだ。

 ロバーツ監督は17日(日本時間18日)、20日(同21日)のカブスとのナ・リーグ優勝決定シリーズ第5戦の先発を「現段階では、マエダでいく」としながら、シリーズの勝敗によってはエースでサイ・ヤング賞左腕のカーショウを中3日で起用すると示唆した。

 ポストシーズンの前田はここまで2試合(計7イニング)で0勝1敗、防御率9.00。2戦とも5回を持たずにKOされている。88年以来28年ぶりの世界一を目指すドジャースが状況次第で、シーズン終盤から疲労の度合いが色濃いルーキー右腕よりも、経験豊富なエース左腕を優先的に起用したいと考えるのは当然のことだ。

 ドジャースはここまでポストシーズンのローテーションをカーショウ、ヒル、前田の3人で回してきた。19日の第4戦には新人左腕のウリーアス(20=今季18試合で5勝2敗、防御率3.39)が登板予定だ。仮にドジャースがリーグ優勝しても安定感を欠く前田がワールドシリーズのローテーションから外れる可能性もあり、オフの補強次第では来季の立場も危うくなりかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  7. 7

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  8. 8

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る