第5戦先発剥奪か…評価急落マエケン“来季ローテ落ち”危機

公開日:  更新日:

 ドジャースのルーキー右腕が厳しい状況に立たされた。前田健太(28)がポストシーズンのローテーションから外されそうなのだ。

 ロバーツ監督は17日(日本時間18日)、20日(同21日)のカブスとのナ・リーグ優勝決定シリーズ第5戦の先発を「現段階では、マエダでいく」としながら、シリーズの勝敗によってはエースでサイ・ヤング賞左腕のカーショウを中3日で起用すると示唆した。

 ポストシーズンの前田はここまで2試合(計7イニング)で0勝1敗、防御率9.00。2戦とも5回を持たずにKOされている。88年以来28年ぶりの世界一を目指すドジャースが状況次第で、シーズン終盤から疲労の度合いが色濃いルーキー右腕よりも、経験豊富なエース左腕を優先的に起用したいと考えるのは当然のことだ。

 ドジャースはここまでポストシーズンのローテーションをカーショウ、ヒル、前田の3人で回してきた。19日の第4戦には新人左腕のウリーアス(20=今季18試合で5勝2敗、防御率3.39)が登板予定だ。仮にドジャースがリーグ優勝しても安定感を欠く前田がワールドシリーズのローテーションから外れる可能性もあり、オフの補強次第では来季の立場も危うくなりかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る