カープに“6億円争奪戦”勃発 黒田引退でナインさらに奮起

公開日:  更新日:

 広島にとっては、「追い風」になりそうだ。

 日本シリーズ直前に今季限りでの引退を発表した広島の黒田博樹(41)は、25日の第3戦に先発することが決定。黒田は「残っているのは2チームだけ。お互いいいシリーズにできれば」と、意気込んだ。

 黒田は15年に広島に復帰してからの2年間、多くの後輩選手に惜しみなく助言を送ってきた。精神的支柱としてチームを牽引した偉大なる先輩の引退発表に、「黒田さんの花道を飾るためにも、日本一を達成したい」と一致団結ムードが広がっているというが、“副産物”はそれだけではない。

「目の前に大きな『ニンジン』がぶら下がったわけですから」とは、放送関係者。

「黒田の年俸は球界最高の6億円。これがそっくり浮くことになる。広島は今季、本拠地マツダスタジアムの観客動員が過去最多となる約215万人を記録し、増収増益は確実。さらに、CSファイナルステージをマツダスタジアムで4試合開催したことで、少なく見積もっても5億円以上の臨時収入も得た。25年ぶりのリーグ優勝を果たし、選手たちはオフの年俸アップに大きな期待を抱く中、そこへ『6億円』が追加されるわけですから、日本シリーズでさらにアピールをして、もっともっと給料を上げてやると、腕まくりをしていますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る