カープに“6億円争奪戦”勃発 黒田引退でナインさらに奮起

公開日: 更新日:

 広島にとっては、「追い風」になりそうだ。

 日本シリーズ直前に今季限りでの引退を発表した広島の黒田博樹(41)は、25日の第3戦に先発することが決定。黒田は「残っているのは2チームだけ。お互いいいシリーズにできれば」と、意気込んだ。

 黒田は15年に広島に復帰してからの2年間、多くの後輩選手に惜しみなく助言を送ってきた。精神的支柱としてチームを牽引した偉大なる先輩の引退発表に、「黒田さんの花道を飾るためにも、日本一を達成したい」と一致団結ムードが広がっているというが、“副産物”はそれだけではない。

「目の前に大きな『ニンジン』がぶら下がったわけですから」とは、放送関係者。

「黒田の年俸は球界最高の6億円。これがそっくり浮くことになる。広島は今季、本拠地マツダスタジアムの観客動員が過去最多となる約215万人を記録し、増収増益は確実。さらに、CSファイナルステージをマツダスタジアムで4試合開催したことで、少なく見積もっても5億円以上の臨時収入も得た。25年ぶりのリーグ優勝を果たし、選手たちはオフの年俸アップに大きな期待を抱く中、そこへ『6億円』が追加されるわけですから、日本シリーズでさらにアピールをして、もっともっと給料を上げてやると、腕まくりをしていますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る