臨機応変采配で日本S連勝 広島・緒方監督“神ってる”変節

公開日:  更新日:

 広島の緒方監督(47)がこの日も動いた。

 23日の日本シリーズ第2戦。1-1の同点で迎えた六回無死二塁、2ボール1ストライクからの4球目だった。菊池がバントの構えから一転、バスターを敢行。二走の田中は、打球が外野に抜けるのを見て、一気に本塁へ。クロスプレーとなって一度はアウトと判定されたが、リプレー検証の結果、セーフに覆り、勝ち越しに成功したのだ。

 緒方監督はさらに畳みかけた。なおも無死二塁の場面で、今度は次打者の3番・丸の初球に手堅く犠打を指示。打球を処理した増井の大暴投を誘い、追加点を手に入れた。攻めるところは攻め、送るところは送る。増井を揺さぶる臨機応変な采配で試合の流れを引き寄せ、この回だけで4得点。試合を決定づけた。緒方監督は「昨日、今日とカープの野球ができました」と、自画自賛だった。


 前日の試合でも、0-0で迎えた二回1死一、三塁の場面で石原に2球続けてセーフティースクイズを指示。大胆不敵な攻め手はともにファウルになったものの直後に重盗を仕掛けて得点していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る