臨機応変采配で日本S連勝 広島・緒方監督“神ってる”変節

公開日:  更新日:

 広島の緒方監督(47)がこの日も動いた。

 23日の日本シリーズ第2戦。1-1の同点で迎えた六回無死二塁、2ボール1ストライクからの4球目だった。菊池がバントの構えから一転、バスターを敢行。二走の田中は、打球が外野に抜けるのを見て、一気に本塁へ。クロスプレーとなって一度はアウトと判定されたが、リプレー検証の結果、セーフに覆り、勝ち越しに成功したのだ。

 緒方監督はさらに畳みかけた。なおも無死二塁の場面で、今度は次打者の3番・丸の初球に手堅く犠打を指示。打球を処理した増井の大暴投を誘い、追加点を手に入れた。攻めるところは攻め、送るところは送る。増井を揺さぶる臨機応変な采配で試合の流れを引き寄せ、この回だけで4得点。試合を決定づけた。緒方監督は「昨日、今日とカープの野球ができました」と、自画自賛だった。


 前日の試合でも、0-0で迎えた二回1死一、三塁の場面で石原に2球続けてセーフティースクイズを指示。大胆不敵な攻め手はともにファウルになったものの直後に重盗を仕掛けて得点していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る