清宮も「目前の勝利に集中」 早実センバツ出場“M1”の裏

公開日:  更新日:

 清宮幸太郎(2年)が主将を務める早実が、来春のセンバツ出場に一歩近づいた。23日の秋季東京大会3回戦で都片倉と対戦。12-2の5回コールド勝ちで8強へ駒を進めた。

「3番・一塁」で出場した清宮は2打数1安打2四死球。「一つ一つ勝つにつれ甲子園に近づいている。目の前の試合に勝つことに集中したい。チームがガッと上がってきているので落ちないように主将として引っ張っていきたい」と準々決勝で対戦する強豪・関東第一戦を見据えた。

 関東・東京のセンバツ出場枠は6。関東大会4強校と東京大会優勝校は当確で、残り1枠を関東大会8強校と東京の準優勝校が争う。とはいえ、人気と実力を兼ね備える清宮早実を、是が非でも出場させたい思惑が高野連にあるのは周知の事実。準優勝でほぼ当確とされる。早実OBがこう言う。

「センバツまで事実上あと2勝。早実は都大会の8強まで一度も強豪校と対戦しない組み合わせで、接戦を経験することなく大勝続き。準々決勝の関東第一戦に負けたらジ・エンドだが、勝ったらほぼ甲子園が決まるという重要な一戦。唯一にして最大のヤマ場になる。その次の準決勝は、国士舘と城西の勝者。仮に国士舘なら、今夏の5回戦で完封勝ちしていて見下ろして戦える。正直なところ、関東第一戦が全てといっていいと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る