清宮も「目前の勝利に集中」 早実センバツ出場“M1”の裏

公開日: 更新日:

 清宮幸太郎(2年)が主将を務める早実が、来春のセンバツ出場に一歩近づいた。23日の秋季東京大会3回戦で都片倉と対戦。12-2の5回コールド勝ちで8強へ駒を進めた。

「3番・一塁」で出場した清宮は2打数1安打2四死球。「一つ一つ勝つにつれ甲子園に近づいている。目の前の試合に勝つことに集中したい。チームがガッと上がってきているので落ちないように主将として引っ張っていきたい」と準々決勝で対戦する強豪・関東第一戦を見据えた。

 関東・東京のセンバツ出場枠は6。関東大会4強校と東京大会優勝校は当確で、残り1枠を関東大会8強校と東京の準優勝校が争う。とはいえ、人気と実力を兼ね備える清宮早実を、是が非でも出場させたい思惑が高野連にあるのは周知の事実。準優勝でほぼ当確とされる。早実OBがこう言う。

「センバツまで事実上あと2勝。早実は都大会の8強まで一度も強豪校と対戦しない組み合わせで、接戦を経験することなく大勝続き。準々決勝の関東第一戦に負けたらジ・エンドだが、勝ったらほぼ甲子園が決まるという重要な一戦。唯一にして最大のヤマ場になる。その次の準決勝は、国士舘と城西の勝者。仮に国士舘なら、今夏の5回戦で完封勝ちしていて見下ろして戦える。正直なところ、関東第一戦が全てといっていいと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る