ロッテ交渉権の佐々木千隼 “外れ1位で5球団競合”の実力は

公開日: 更新日:

 佐々木千隼(桜美林大)といえば、今ドラフトの目玉のひとり。一時期は田中(創価大)をも凌ぐ評価をされていた。

 ところが、フタを開けてみれば最初の入札で佐々木を指名した球団はゼロ。田中に5球団が集中したのに加え、独自のドラフト戦略を貫く球団、競合を避けた「逃げの指名」などが重なったがゆえの“悲劇”だった。

 しかし、そこは田中と双璧をなす、アマチュア球界屈指の右腕。今度はクジを外した5球団すべてが外れ1位で佐々木を指名するという、前代未聞の事態となったのだ。

 外れ1位で競合することは珍しくないが、5球団というのは過去最多。ロッテが交渉権を引き当てると、

「不安だったが、光栄。やっとスタート地点に立てた。同世代に日本ハムの大谷くんがいるけど、今は雲の上の存在。早く勝負できるよう頑張ります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  4. 4

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  5. 5

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  6. 6

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  7. 7

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  8. 8

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  9. 9

    外出禁止4週目で実感 日本人の規律にロックダウンは不要

  10. 10

    堀北真希を超える? 妹・NANAMIのブレークを後押しする力

もっと見る