巨人1位の吉川 アマ球界No.1遊撃手に仰天“コンバート案”

公開日: 更新日:

 ともに5球団が競合した田中正義(創価大)と佐々木千隼(桜美林大)の右腕を相次いで外した巨人は、「外れの外れ1位」で吉川尚輝(中京学院大)の交渉権を獲得。吉川は、「走・攻・守の3拍子が高いレベルで揃い、開幕スタメンも期待できる」(在阪球団スカウト)とプロから高く評価されていた。そんなアマ球界ナンバーワン遊撃手がしかし、巨人ではいきなりコンバートされる可能性が大である。

 巨人の遊撃には今季のセの首位打者でチームの大黒柱の坂本勇人(27)が君臨。高校、大学で経験のある三塁か二塁への転向が現実的だが、三塁には今季3年ぶりに3割(.302)を打って復活をアピールした村田修一(35)がいて、さらに球団と首脳陣が最も期待を寄せる14年ドラフト1位で高卒2年目の岡本和真(20)も控えている。二塁はクルーズ(32)が来季も残留し、昨年のドラフト2位の重信慎之介(23)が外野からコンバートされる予定。移籍2年目のクルーズが打撃好調なら、年俸2億4000万円ということもあって外しにくいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る