清宮72号も スカウト語る「通算本塁打に価値なし」のワケ

公開日:  更新日:

 最多記録を更新するのは時間の問題だろう。

 12日、プロ垂ぜんの早実・清宮幸太郎(2年)が秋季東京都大会初戦の日本学園戦で、高校通算72本目となる3ランを右翼スタンドに叩き込んだ。

「感触は完璧」

 と話した清宮。まだ2年生、卒業までに100本以上を打つのはほぼ確実だ。

 気になるのが、高校通算本塁打に対するプロのスタンスだ。高校時代にホームランを量産したからといって、必ずしもプロに行って結果を残せるわけではない。歴代1位の107本を打った山本大貴(神港学園)は、プロ志望届を出さずにJR西日本野球部に所属している。2位で97本の黒瀬健太(初芝橋本)は昨秋のドラフト5位でソフトバンクに入団したばかりだから、まだ評価は出来ない。3位の伊藤諒介(神港学園)は94本を打ちながら、こちらもプロ志望届を出さないまま法大を経て大阪ガスで野球を続けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る