SBは即戦力期待も 田中正義が抱える「右肩痛」は大丈夫か

公開日: 更新日:

 その瞬間、工藤監督の表情がほころんだ。

 ドラフトの目玉・田中正義(創価大)は5球団の指名が競合、当たりクジを引いたのはソフトバンクだった。
「5分の1で、自分でも信じられない。足が震えた」

 工藤監督は頬を紅潮させてこう言うと、「腕の振りより、球が速く感じる投手。開幕投手を目指せるだけの力はあるし、即戦力と考えている。早く投げる球が見たい」と続けた。

 3年連続日本一を目指した絶対王者が、今季はレギュラーシーズンもCSも日本ハムの後塵を拝した。大学生ナンバーワン右腕とはいえ、ルーキーを「即戦力」と捉えなければならないほど、その台所は逼迫しているということだ。

 田中の懸案事項は右肩だ。今春痛めて、この秋に復帰したばかり。高校時代にも一度、やっている。どこよりも創価大と太いパイプをもつ日本ハムも1位でいったことを考えれば、さほど深刻ではなさそうだが、肘と違って肩の故障は看過できない。時間をかけ、より慎重な調整が必要になるかもしれない。

 加えて「変化球がいまひとつだし、フィールディングや牽制は、まだまだ磨く必要がある。素質はピカイチでも、いきなり一軍でバリバリ働ける保証はない」とは、あえて田中を指名しなかった球団の編成担当者。工藤監督が「即戦力」と喜々とするのは、早計かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る