SBは即戦力期待も 田中正義が抱える「右肩痛」は大丈夫か

公開日:  更新日:

 その瞬間、工藤監督の表情がほころんだ。

 ドラフトの目玉・田中正義(創価大)は5球団の指名が競合、当たりクジを引いたのはソフトバンクだった。
「5分の1で、自分でも信じられない。足が震えた」

 工藤監督は頬を紅潮させてこう言うと、「腕の振りより、球が速く感じる投手。開幕投手を目指せるだけの力はあるし、即戦力と考えている。早く投げる球が見たい」と続けた。

 3年連続日本一を目指した絶対王者が、今季はレギュラーシーズンもCSも日本ハムの後塵を拝した。大学生ナンバーワン右腕とはいえ、ルーキーを「即戦力」と捉えなければならないほど、その台所は逼迫しているということだ。

 田中の懸案事項は右肩だ。今春痛めて、この秋に復帰したばかり。高校時代にも一度、やっている。どこよりも創価大と太いパイプをもつ日本ハムも1位でいったことを考えれば、さほど深刻ではなさそうだが、肘と違って肩の故障は看過できない。時間をかけ、より慎重な調整が必要になるかもしれない。

 加えて「変化球がいまひとつだし、フィールディングや牽制は、まだまだ磨く必要がある。素質はピカイチでも、いきなり一軍でバリバリ働ける保証はない」とは、あえて田中を指名しなかった球団の編成担当者。工藤監督が「即戦力」と喜々とするのは、早計かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る