SBは即戦力期待も 田中正義が抱える「右肩痛」は大丈夫か

公開日: 更新日:

 その瞬間、工藤監督の表情がほころんだ。

 ドラフトの目玉・田中正義(創価大)は5球団の指名が競合、当たりクジを引いたのはソフトバンクだった。
「5分の1で、自分でも信じられない。足が震えた」

 工藤監督は頬を紅潮させてこう言うと、「腕の振りより、球が速く感じる投手。開幕投手を目指せるだけの力はあるし、即戦力と考えている。早く投げる球が見たい」と続けた。

 3年連続日本一を目指した絶対王者が、今季はレギュラーシーズンもCSも日本ハムの後塵を拝した。大学生ナンバーワン右腕とはいえ、ルーキーを「即戦力」と捉えなければならないほど、その台所は逼迫しているということだ。

 田中の懸案事項は右肩だ。今春痛めて、この秋に復帰したばかり。高校時代にも一度、やっている。どこよりも創価大と太いパイプをもつ日本ハムも1位でいったことを考えれば、さほど深刻ではなさそうだが、肘と違って肩の故障は看過できない。時間をかけ、より慎重な調整が必要になるかもしれない。

 加えて「変化球がいまひとつだし、フィールディングや牽制は、まだまだ磨く必要がある。素質はピカイチでも、いきなり一軍でバリバリ働ける保証はない」とは、あえて田中を指名しなかった球団の編成担当者。工藤監督が「即戦力」と喜々とするのは、早計かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  8. 8

    キヤノン御手洗冨士夫CEO 社長時代の栄光と持論は今いずこ

  9. 9

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

  10. 10

    安倍は森友と桜の2大疑惑が同時に司法の手にかかり断末魔

もっと見る