黒田の“花道”意識しすぎ? 連敗広島はチーム全体ガチガチ

公開日:  更新日:

 采配がズバズバ当たって、日本シリーズの1、2戦を取った広島・緒方監督がおかしい。

 前日の敗戦で連敗は避けたい指揮官は四回、自慢の機動力でチャンスをつぶした。先頭の3番丸が四球で歩くと、4番新井の5球目に走らせ憤死。無死一塁から4番のところで盗塁のサインを出したかと思えば、三回には2死一塁で田中を走らせないチグハグさだ。

 八回には、無死から新井が四球で出塁し、5番鈴木は初球に空振り。すると緒方監督は、シーズン中、犠打3個の鈴木に1ストライクからバントのサインを出す。鈴木は外角のボール球にわざわざバットを出してファウル。2ストライクから、今度は強行策に出て右飛に倒れた。2死後ベンチは、新井の代走で一塁走者となった赤松を走らせたものの、ミエミエの盗塁は日本ハムバッテリーに見破られ失敗に終わった。2点ビハインドの九回は2死満塁とし、一打逆転の場面をつくるも、丸の三振でゲームセットだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る