• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

惜敗しランク首位も陥落…池田勇太の賞金王は今年も幻か

【HEIWA・PGM選手権 最終日】

「やっぱり……」という幕切れだった。

 12アンダーの首位タイでスタートした谷原秀人(37)を、4打差の3位発進の池田勇太(30)が12番のイーグルで逆転。そのまま逃げ切るかと思われたが、16番、17番で2メートル前後のバーディーチャンスを逃すと、谷原はここで連続バーディー。12アンダーで並んだ2人のプレーオフは、2ホール目に谷原が6メートルのバーディーパットを沈めて決着。大会連覇の谷原は今季ツアー3勝目、通算14勝目を挙げた。

 これで賞金王レースの順位は1、2位が入れ替わり、谷原(約1億5614万円)が2位の池田に約1270万円差をつけてトップに返り咲いた。

 谷原に抜かれた池田にとって、賞金王は喉から手が出るほど欲しいタイトルだ。これまで国内で「トッププロ」と呼ばれた選手たちは、例外なく賞金王になっているからだ。AON(青木、尾崎将、中嶋)はもちろん、尾崎直道、片山晋呉、伊沢利光、谷口徹、藤田寛之などだ。07年に高1でツアー優勝した石川遼(25)も、プロ転向2年目に18歳で賞金王(約1億8352万円)となり、松山もプロ1年目の13年に早々と賞金王のタイトルを手にし、史上3人目となる2億円プレーヤーにもなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る