出場機会激減…JGTO会長職が青木功からゴルフ人生を奪う

公開日: 更新日:

【富士フイルムシニア選手権 2日目】

 大会ホストプロとして青木功(74)がシニア大会に出場している。メディアはこぞってエージシュートを期待するが、本人は「74を出しても勝ち負けに関係のないスコアには満足できない」と素っ気ない。初日は76、2日目が78だった。

「優勝争いができなければエージシュートも面白くない。74のスコアでは不満。アンダーパーでエージシュートをぜひやりたい。71で回れたらいいなと思う」(青木)

 大会前の会見では熱く、勝負師らしく語ったが、事は言うほど簡単ではない。試合出場の機会が激減しているからだ。今春、日本ゴルフツアー機構(JGTO)会長に就任したことと大いに関係している。

「以前は月に1、2回ゴルフを休んだが、今では月に1、2回しかゴルフができない。ストレスはたまるけど、(会長職の仕事は)ゴルフ界への恩返しだと思っている。人を育むことを目指してやっている。ゴルフはできなくても仕方ないと思っています」(青木)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  10. 10

    女子プロ記者語る木村花さんの素顔 リングで育った女の子

もっと見る