出場機会激減…JGTO会長職が青木功からゴルフ人生を奪う

公開日: 更新日:

【富士フイルムシニア選手権 2日目】

 大会ホストプロとして青木功(74)がシニア大会に出場している。メディアはこぞってエージシュートを期待するが、本人は「74を出しても勝ち負けに関係のないスコアには満足できない」と素っ気ない。初日は76、2日目が78だった。

「優勝争いができなければエージシュートも面白くない。74のスコアでは不満。アンダーパーでエージシュートをぜひやりたい。71で回れたらいいなと思う」(青木)

 大会前の会見では熱く、勝負師らしく語ったが、事は言うほど簡単ではない。試合出場の機会が激減しているからだ。今春、日本ゴルフツアー機構(JGTO)会長に就任したことと大いに関係している。

「以前は月に1、2回ゴルフを休んだが、今では月に1、2回しかゴルフができない。ストレスはたまるけど、(会長職の仕事は)ゴルフ界への恩返しだと思っている。人を育むことを目指してやっている。ゴルフはできなくても仕方ないと思っています」(青木)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

もっと見る