今年もHSBC欠場 国内でメジャーキップ狙う池田勇太の計算

公開日:  更新日:

 今季2勝で、現在日本ツアーの賞金ランキングトップの池田勇太は、昨年に引き続き、出場権のある世界選手権シリーズ(WGC)のHSBCチャンピオンズ(27日開幕=中国・上海)を欠場する。

 もっか世界ランクは59位。国内であと1つ勝てば50位以内に入り、年末までその位置をキープできれば、来年は4大メジャーのすべてに出られる。WGCは強敵揃いで、しかも獲得賞金が国内ランクに加算されない。初の賞金王を狙う池田にとっては魅力のある大会ではないのだろう。

 だが池田は、09年の同大会に出場した時には、「日本での好調さを世界の舞台に持ち込んでひと暴れしてきます。日本のゴルフファンの皆さん、応援よろしくお願いします」とコメントしていた。

 池田が尊敬する尾崎将司は海外試合にはからっきし弱く、「井の中の怪物」と呼ばれた。当時、日本の賞金王はマスターズに招待されていたし、尾崎は50試合近く4大メジャーに出場した。それでもベスト10入りはたったの3回。89年全米オープン6位が最高成績だった。

 世界で戦う松山のいない国内の賞金王など何の価値もないし、海外で揉まれずにメジャーに出たところで尾崎の二の舞いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る