日本ツアー賞金王ほしさ? 池田勇太WGC欠場に広がる憶測

公開日:

 前週の今季米ツアー2戦目で2位になり、世界ランク10位に入った松山英樹(24)。今週のWGC-HSBC選手権でも好調をキープしている。

 イン発進の初日は、前半が5バーディー、2ボギー。折り返してから6番まで2バーディー、2ボギーと出入りの激しい内容でスコアを伸ばせなかった。ところが7番から怒涛の3連続バーディーを決めて6アンダーまで伸ばし、トップと2打差3位タイの好スタートを切った。

「パットが本当に良かったのでストレスなく回れた。ショットが良くなればチャンスが増える」(松山)

 この大会の出場資格がありながら欠場したのが池田勇太(30)だ。

「のどから手が出るほど欲しい賞金王タイトルが近づいているから国内を留守にできないのでしょう。ゴルフ関係者にすれば、世界で活躍してほしいと願う一方で、国内大会にも出てほしいという気持ちもある。日本ゴルフツアー機構は『行け』とも『行くな』とも言えず、最終的に欠場は本人の意思です」(ツアー関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る