大会新記録23アンダー 松山圧勝のウラに日米ツアーの違い

公開日: 更新日:

 直近4戦で3勝。日本ツアーは1カ月前の日本オープンに続いて2戦全勝と、松山英樹(24)が圧倒的な強さを見せた。

 初日から首位に立って“定位置”をキープすると、最終日は2位と6打差の20アンダー発進。この時点で完全優勝のシナリオはできていた。だが本人は、「9アンダーを出せば日本ツアーでの記録(72ホール最少ストローク28アンダー)になると聞いて63を目指した」と勝ち方にもこだわっていた。次元の違うゴルフをやろうとしていたのだ。

 2、3番の連続バーディーで好調な滑り出しを見せたが、6番パー5はティーショットを曲げてボールは木の根へ。

「無理をしてケガするよりもいい」とアンプレアブルを宣言したが5打目でも池ポチャとトラブルが続いて、結局6オン1パットのダブルボギー。

 続く7番ボギー、8番バーディー、9番ボギーと出入りが激しく前半は1つ落としてターン。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  10. 10

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る