日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

海外主戦の松山英樹に暴かれる日本賞金王レースの実状

【三井住友VISA太平洋マスターズ 初日】

「(ショットは)特別いいとは思わないです」

 今季日本ツアー2戦目の松山英樹(24)が、初日に65をマーク。7アンダーまでスコアを伸ばして単独トップに立った。

 世界ランク7位、日本人初の世界ゴルフ選手権シリーズ(WGC・HSBCチャンピオンズ)を制した実力があれば、少しぐらい調子を落としたところで楽勝ということだ。同組でプレーした現在賞金ランク1位の谷原秀人(37)は5オーバー80位と大きく出遅れ、「(ショットが)少し悪そうな感じがありました」と予選落ちの危機を松山に同情される始末だった。

 先の日本オープン優勝で松山は1試合だけで日本の賞金ランク12位につけている。今週勝てば4000万円を上乗せして、獲得賞金8000万円と、一気にトップ5入りも見えてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事