日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ミスでクラブをボキッ 松山英樹“八つ当たり”の悪い癖再び

【三井住友VISA太平洋マスターズ 2日目】

 見たくないシーンだった。

 7アンダー首位発進の松山英樹(24)は、この日もショットがビタビタ、ピンに絡み、7バーディー、1ボギーの66。通算13アンダーで単独首位を守ったが、醜態をさらす一幕があった。7番アイアンで打った13番(パー3=203ヤード)の第1打を左のガードバンカーに入れると、怒りに任せてクラブを地面に押し付け、シャフトをグニャリと曲げてしまったのだ。残る5ホールで7番アイアンは使えず13本のクラブでプレーした。

 松山が、ミスの怒りでクラブを傷つけたのは、これが初めてではない。米ツアーで初優勝を遂げた14年6月のメモリアルトーナメント最終日の18番、ドライバーショットを右に曲げると、クラブヘッドを地面に叩きつけた。クラブは集音マイクの支柱に当たり、シャフトが真っ二つに折れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事