• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

連勝20で止まる 豪栄道“流血黒星”にもサバサバ切り替え

 全勝優勝した先場所から、20連勝と波に乗っていた大関豪栄道(30)。破竹の勢いで一気に昇進――と思われた矢先の黒星だった。

 18日の6日目、玉鷲の突き落としを食らい、顔面を土俵に強打。その上に体勢を崩した169キロの玉鷲が降ってきたのだから、たまらない。潰された豪栄道は額と口の中を出血し、顔面を赤く染めながら花道を引き揚げた。

 騒然とする周囲とは対照的に、しかし、本人は「判定が微妙? 自分の方が早かった」とサバサバ。

「悔しいけれど仕方ない。また、明日から」と話すと、「よし!」と気合を入れ直した。

 この切り替えの早さこそ、豪栄道の武器だ。同じ大関でも稀勢の里は負けると険しい表情でムッツリ。周囲もおいそれとは話しかけられず、自分で重圧をかけていたのだから世話はない。

 性格の差と言ってしまえばそれまでだが、豪栄道がこの日の敗戦を明日以降に引きずることはなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  3. 3

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  6. 6

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  7. 7

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  8. 8

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る