3大関を連破 遠藤は“人気だけ力士”の汚名を返上できるか

公開日:  更新日:

「人気だけは横綱級」と揶揄されたのも過去の話だ。

 寒風吹きすさぶ11月場所で、平幕遠藤(26)の勢いが止まらない。照ノ富士、稀勢の里と大関を立て続けに撃破すると、16日の4日目も琴奨菊を秒殺。初日こそ高安に土をつけられたものの、3勝はすべて大関戦の“銀星”である。

 遠藤は近年の相撲ブームの火付け役。13年にザンバラ髪で幕内デビューするや、普段、相撲を見ない若い女性層が「お相撲さんにもイケメンがいる!」と熱狂し、相撲女子、略して「スー女」なる言葉も生まれた。相撲協会もブームに乗っかり遠藤が女性ファンをお姫さま抱っこしているように撮影できるパネルを作成。今もなお国技館の正面に飾られている。

 が、肝心の遠藤自身は鳴かず飛ばず。昨年は左ヒザの半月板と前十字靱帯を損傷。このまま引退まっしぐらかと思われていたが、今年は3、5月場所で11勝4敗と盛り返し、先場所も13勝2敗の大健闘だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る