日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スター選手が続々と名乗り メジャーがWBCではじく皮算用

 来年3月のWBC米国代表にメジャーを代表する選手が続々と名乗りを上げている。

 14日(日本時間15日)には今季レンジャーズでダルビッシュ有とバッテリーを組んだメジャーを代表する捕手の一人であるジョナサン・ルクロイ(30)が参加を表明。ルクロイ以外にもサイ・ヤング賞右腕のナショナルズ・シャーザー(32)、2年連続2冠(本塁打、打点)のロッキーズ・アレナード内野手(25)ら実績のあるメンバーが名を連ねている。

 米国は過去3大会で09年の4位が最高。今大会はジョー・トーリ氏(現MLBチーフベースボールオフィサー)がGMを務め、タイガースなどで通算3度の最優秀監督賞を受賞したジム・リーランド氏が指揮を執る。今後はトーリGMが先頭に立って各球団との交渉に当たり、ドジャースのサイ・ヤング賞左腕カーショウ、昨年の新人王のカブス・ブライアント内野手らも含めたドリームチームを編成して本大会に臨むという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事