• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

侍Jで米スカウト熱視線 大谷が“入札上限額”を吹き飛ばす

 10日から始まるWBCの強化試合は10球団近いメジャースカウトが、日本ハムの大谷翔平(22)目当てで視察する。入札制度でのメジャー挑戦が確定していないいまから「年俸30億円の複数年契約」が確実視され、「ダルや田中を上回る逸材」と評価されているからこそ、メジャーの全30球団が早くも腰を浮かせている。

 日米間のポスティングシステムは田中将大(28)がヤンキース入りした13年オフから、現在の制度に変更された。それまで青天井だった所属球団に支払われる入札金に、約20億円の上限が設定された。メジャー側はそれでも「なぜ20億円もの移籍金が必要なのか。FAにすればいいじゃないか」と不満タラタラともいわれる。ドナルド・トランプ氏(70)の大統領就任をきっかけに米球界でくすぶっていた不満が爆発、入札制度自体が消滅する可能性も出てきたが、今季の大谷の活躍はそれを吹き飛ばした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る