侍Jで米スカウト熱視線 大谷が“入札上限額”を吹き飛ばす

公開日:

 10日から始まるWBCの強化試合は10球団近いメジャースカウトが、日本ハムの大谷翔平(22)目当てで視察する。入札制度でのメジャー挑戦が確定していないいまから「年俸30億円の複数年契約」が確実視され、「ダルや田中を上回る逸材」と評価されているからこそ、メジャーの全30球団が早くも腰を浮かせている。

 日米間のポスティングシステムは田中将大(28)がヤンキース入りした13年オフから、現在の制度に変更された。それまで青天井だった所属球団に支払われる入札金に、約20億円の上限が設定された。メジャー側はそれでも「なぜ20億円もの移籍金が必要なのか。FAにすればいいじゃないか」と不満タラタラともいわれる。ドナルド・トランプ氏(70)の大統領就任をきっかけに米球界でくすぶっていた不満が爆発、入札制度自体が消滅する可能性も出てきたが、今季の大谷の活躍はそれを吹き飛ばした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る