侍Jで米スカウト熱視線 大谷が“入札上限額”を吹き飛ばす

公開日: 更新日:

 10日から始まるWBCの強化試合は10球団近いメジャースカウトが、日本ハムの大谷翔平(22)目当てで視察する。入札制度でのメジャー挑戦が確定していないいまから「年俸30億円の複数年契約」が確実視され、「ダルや田中を上回る逸材」と評価されているからこそ、メジャーの全30球団が早くも腰を浮かせている。

 日米間のポスティングシステムは田中将大(28)がヤンキース入りした13年オフから、現在の制度に変更された。それまで青天井だった所属球団に支払われる入札金に、約20億円の上限が設定された。メジャー側はそれでも「なぜ20億円もの移籍金が必要なのか。FAにすればいいじゃないか」と不満タラタラともいわれる。ドナルド・トランプ氏(70)の大統領就任をきっかけに米球界でくすぶっていた不満が爆発、入札制度自体が消滅する可能性も出てきたが、今季の大谷の活躍はそれを吹き飛ばした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る