「読売」を連呼 巨人入団決定の山口俊“忠誠心”はエース級

公開日:  更新日:

 DeNAからFA宣言し、巨人入りを決めた山口俊(29)が2日、都内で報道陣の取材に応じた。

 中日との争奪戦だったが、「決め手? 正直、どちらの球団からも最大限の評価をしていただいたが、一番に手を挙げてくださったのが読売さんだったので」と説明。「読売の山口俊と言われるように頑張る」と決意表明した。

 なぜか、「巨人」ではなく、「読売さん」「読売」と連呼する姿に報道陣は苦笑いだったが、親会社を喜ばせる抜け目のなさは伝わった。

 入団にあたり、周囲に「巨人って何がダメなの?」とヒアリングしていたという山口俊。茶髪や長髪、ヒゲなどが禁止されていると確認した上で、この日の朝に長めの髪をバッサリ切り、色も黒くした。「決めた以上は一日も早くチームカラーにふさわしい格好にしないといけないので。今日行きました」と、サッパリした青年風ルックで登場。73年に日本ハムの前身である東映から巨人へトレード移籍した経験がある評論家の高橋善正氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る