巨神が獲得調査 元楽天マギー“今の実力”をメジャー通分析

公開日:

「来年で35歳。13年に楽天で28本塁打を放った時のようなパワーはもうないでしょう」

 今オフ、米タイガースをFAとなった元楽天のケーシー・マギー(34)についてこう言うのは、米球界に詳しいスポーツライターの友成那智氏。

 マギーを巡っては現在、巨人、阪神が獲得調査をしているといわれる。楽天時代の13年は全144試合に出場、打率.292、28本塁打、93打点でチームの日本一に貢献。メジャー復帰した翌14年には、マーリンズの正三塁手として160試合に出場、打率.287、4本塁打、76打点でカムバック賞を受賞した。今季はタイガースで30試合に出場し、打率.228、0本塁打、1打点。傘下の3Aでは打率.317、6本塁打、50打点だった。果たして、日本で再び活躍できるのか。

「35歳を迎える来季は、メジャー契約を結ぶのは難しいとみられます。ただ、左投手専門の『プラトーンプレーヤー』としてなら活躍できるかもしれない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る