• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨神が獲得調査 元楽天マギー“今の実力”をメジャー通分析

「来年で35歳。13年に楽天で28本塁打を放った時のようなパワーはもうないでしょう」

 今オフ、米タイガースをFAとなった元楽天のケーシー・マギー(34)についてこう言うのは、米球界に詳しいスポーツライターの友成那智氏。

 マギーを巡っては現在、巨人、阪神が獲得調査をしているといわれる。楽天時代の13年は全144試合に出場、打率.292、28本塁打、93打点でチームの日本一に貢献。メジャー復帰した翌14年には、マーリンズの正三塁手として160試合に出場、打率.287、4本塁打、76打点でカムバック賞を受賞した。今季はタイガースで30試合に出場し、打率.228、0本塁打、1打点。傘下の3Aでは打率.317、6本塁打、50打点だった。果たして、日本で再び活躍できるのか。

「35歳を迎える来季は、メジャー契約を結ぶのは難しいとみられます。ただ、左投手専門の『プラトーンプレーヤー』としてなら活躍できるかもしれない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る