大木勝年
著者のコラム一覧
大木勝年

1949年、千葉県生まれ。成東高、早大を経て70年に投手としてヤクルト入団。74年限りで引退し、フロント入り。83年から査定担当となり、要職を経て2010年に球団常務。12年3月に退任するまで38年間、フロントマンを務めた。現在は白鴎大非常勤講師。

5年契約を結んだ古田選手の出来高には盗塁阻止率が入らず

公開日:
契約更改を終えた当時の古田選手(C)日刊ゲンダイ

 1998年オフ、ヤクルトは古田敦也選手と年俸2億円プラス出来高の5年契約を結びました。

 当時としては破格でした。古田選手は長年にわたってヤクルトを支えた名捕手。彼が在籍していた18年間で5度のリーグ優勝を果たしたようにチームの屋台骨を支える中心選…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  10. 10

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

もっと見る