山口取られたベイが地団駄 巨人&楽天の“怪しいトレード”

公開日:  更新日:

 4日にまとまった巨人と楽天のトレードに、球界関係者が「DeNAが『やり方がせこ過ぎる』と怒っているんじゃないか」と言っている。せこい、かどうかはともかく、バランスの悪いトレード、という印象があるのは確かだろう。

 巨人が放出した小山雄輝(28)は、入団7年で55試合の一軍登板の実績を持つ右腕投手。今季は9試合の登板にとどまったが、14年には6勝(2敗、防御率2.41)を挙げて、チームの3連覇に貢献した。150キロ前後の直球と落差の大きいフォークを持ち、他球団から毎年のようにトレードの申し込みがあった。

 年俸2800万円のそんな小山と引き換えに巨人が楽天から取った柿沢貴裕(22)は、今年の7月に支配下に再登録されたばかりの元育成選手。高卒入団4年目で一軍出場経験はなく、二軍でも通算打率・248、9本塁打という数字しか残していない。巨人関係者は「将来性に期待しての獲得」と言うものの、柿沢は昨年の二軍戦で21失策を記録するなど、現時点ではまだ将来性があるかどうかも判然としない、年俸550万円の駆け出し内野手である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る