新助っ人は実力未知数 ロッテのゴメス獲りに阪神冷や汗

公開日: 更新日:

 阪神はヒヤヒヤものだろう。

 デイリースポーツによると、ロッテが元阪神のゴメス(32)を獲得することが決定的だという。今季限りで2年契約が満了したデスパイネ(30)がソフトバンクへ移籍することが確実となったことを受け、以前から調査していたゴメスに触手を伸ばしたそうだ。

 この「玉突き人事」、阪神にとって他人事では済まない。今季22本塁打を放った年俸2億円のゴメスを解雇し、年俸7000万円の1年契約で新助っ人のキャンベル(29=メッツ)を獲得。キャンベルがゴメス以上の働きをすればまだしも、ゴメスがロッテで活躍し、キャンベルが全く結果を残せなければ、「何でゴメスをクビにしたんだ!」とファンやマスコミから集中砲火を浴びるのは必至だ。

 デスパイネは今季、打率・280、24本塁打、92打点。ゴメスも14年に打点王を獲得するなど実績がある。一方で、日本でのプレー経験がないキャンベルが活躍するかどうかは未知数だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る