• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新助っ人は実力未知数 ロッテのゴメス獲りに阪神冷や汗

 阪神はヒヤヒヤものだろう。

 デイリースポーツによると、ロッテが元阪神のゴメス(32)を獲得することが決定的だという。今季限りで2年契約が満了したデスパイネ(30)がソフトバンクへ移籍することが確実となったことを受け、以前から調査していたゴメスに触手を伸ばしたそうだ。

 この「玉突き人事」、阪神にとって他人事では済まない。今季22本塁打を放った年俸2億円のゴメスを解雇し、年俸7000万円の1年契約で新助っ人のキャンベル(29=メッツ)を獲得。キャンベルがゴメス以上の働きをすればまだしも、ゴメスがロッテで活躍し、キャンベルが全く結果を残せなければ、「何でゴメスをクビにしたんだ!」とファンやマスコミから集中砲火を浴びるのは必至だ。

 デスパイネは今季、打率・280、24本塁打、92打点。ゴメスも14年に打点王を獲得するなど実績がある。一方で、日本でのプレー経験がないキャンベルが活躍するかどうかは未知数だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る