マー君“エースの座”ピンチ? ヤンキースが大物左腕獲得へ

公開日:  更新日:

 来季、巻き返しを期す名門球団が大物先発投手の獲得に動いているという。

 今季、ポストシーズン進出を逃したヤンキースが、ホワイトソックスの左腕ホセ・キンタナ投手(27)のトレードを画策しているというのだ。大リーグ公式ホームページをはじめとする複数の米メディアが19日(日本時間20日)に伝えている。

 コロンビア出身のキンタナは、メジャー通算5年間で154試合に登板し、46勝46敗、防御率3.41。今季は左のエースとして32試合で13勝(12敗)を挙げ、自身初の2ケタ勝利をマークし、球宴にも初選出された。メジャー2年目の13年からはシーズンを通じてローテーションを守り、4年連続30試合以上、200イニング以上に登板し、いずれも防御率3点台と安定した働きぶりは高く評価されている。

 チームの若返りを進めるホワイトソックスの方針からキンタナは今オフのトレード候補に挙げられており、ヤンキースの他にも青木が加入したアストロズも関心を寄せていると報じられている。現状では来季のヤンキースの先発ローテーションは田中将大、サバシアの左右の両エースに右腕ピネダまでは確定。4、5番手は来春のキャンプ、オープン戦で若手を競わせる方針だ。

 トレードが実現すれば、田中は同学年のキンタナにエースの座を奪われかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る