マー君“エースの座”ピンチ? ヤンキースが大物左腕獲得へ

公開日: 更新日:

 来季、巻き返しを期す名門球団が大物先発投手の獲得に動いているという。

 今季、ポストシーズン進出を逃したヤンキースが、ホワイトソックスの左腕ホセ・キンタナ投手(27)のトレードを画策しているというのだ。大リーグ公式ホームページをはじめとする複数の米メディアが19日(日本時間20日)に伝えている。

 コロンビア出身のキンタナは、メジャー通算5年間で154試合に登板し、46勝46敗、防御率3.41。今季は左のエースとして32試合で13勝(12敗)を挙げ、自身初の2ケタ勝利をマークし、球宴にも初選出された。メジャー2年目の13年からはシーズンを通じてローテーションを守り、4年連続30試合以上、200イニング以上に登板し、いずれも防御率3点台と安定した働きぶりは高く評価されている。

 チームの若返りを進めるホワイトソックスの方針からキンタナは今オフのトレード候補に挙げられており、ヤンキースの他にも青木が加入したアストロズも関心を寄せていると報じられている。現状では来季のヤンキースの先発ローテーションは田中将大、サバシアの左右の両エースに右腕ピネダまでは確定。4、5番手は来春のキャンプ、オープン戦で若手を競わせる方針だ。

 トレードが実現すれば、田中は同学年のキンタナにエースの座を奪われかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る