• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マー君“エースの座”ピンチ? ヤンキースが大物左腕獲得へ

 来季、巻き返しを期す名門球団が大物先発投手の獲得に動いているという。

 今季、ポストシーズン進出を逃したヤンキースが、ホワイトソックスの左腕ホセ・キンタナ投手(27)のトレードを画策しているというのだ。大リーグ公式ホームページをはじめとする複数の米メディアが19日(日本時間20日)に伝えている。

 コロンビア出身のキンタナは、メジャー通算5年間で154試合に登板し、46勝46敗、防御率3.41。今季は左のエースとして32試合で13勝(12敗)を挙げ、自身初の2ケタ勝利をマークし、球宴にも初選出された。メジャー2年目の13年からはシーズンを通じてローテーションを守り、4年連続30試合以上、200イニング以上に登板し、いずれも防御率3点台と安定した働きぶりは高く評価されている。

 チームの若返りを進めるホワイトソックスの方針からキンタナは今オフのトレード候補に挙げられており、ヤンキースの他にも青木が加入したアストロズも関心を寄せていると報じられている。現状では来季のヤンキースの先発ローテーションは田中将大、サバシアの左右の両エースに右腕ピネダまでは確定。4、5番手は来春のキャンプ、オープン戦で若手を競わせる方針だ。

 トレードが実現すれば、田中は同学年のキンタナにエースの座を奪われかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  6. 6

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  7. 7

    金正恩が愚痴ポロリ 軍部の融和路線封じで非核化も後退か

  8. 8

    2カ月雲隠れ 日大アメフト内田前監督の呆れた“銭ゲバ闘争”

  9. 9

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  10. 10

    日欧EPA署名で酪農大打撃 食卓から“国産牛乳”が消える日

もっと見る