日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ダルは辞退濃厚…侍ジャパンに渦巻く“青木待望論”の理由

「今の侍ジャパンには中心になって牽引する選手がいない。日本ハムの大谷はまだ22歳だしね。06年、09年の世界一メンバーかつ、現役メジャーリーガーがいるに越したことはない」

 侍ジャパン周辺でこんな声がある。

「スター揃いで多くがメジャー志向を持つ重量級メンバーをまとめるには、メジャー経験はおろか、プロ野球の指導者経験もない小久保監督では正直、荷が重い。ダルビッシュはレンジャーズが派遣しない方向で、ヤンキース田中ら古傷を抱える投手はまず難しい。イチローが代表入りするという話もあるが、小久保監督では操縦できないだろう。最も可能性があるのはアストロズに移籍した青木だ。消耗品である投手と比べて、野手は参加のハードルが低くなる。06、09年世界一メンバーで、ヤクルトの山田ら侍戦士から慕われている彼なら、チームの重しになる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事