• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マー君“女房役”失うか ヤンキースがマッキャンを放出へ

 チーム再建を図る全米屈指の人気球団が、ベテランの放出に動いた。

 ヤンキースは17日(日本時間18日)、アストロズとの間でブライアン・マッキャン捕手(32)のトレードが成立したと発表。アストロズからは、アルバート・アブレイユ(21)、ジョージ・グズマン(20)の若手右腕2人が移籍する。

 マッキャンは18年まで契約が残っているため、総額1700万ドル(約18億8000万円)のうち、ヤンキースが550万ドル(約6億600万円)を負担するという。

 長らく田中将大(28)とバッテリーを組んだマッキャンは、今季130試合で打率2割4分2厘、20本塁打、58打点。前半戦こそスタメンマスクをかぶったが、攻守にわたる働きを見せた若手のゲーリー・サンチェス(23)にはじき出される形で、後半戦は主にDHで起用された。

 複数の地元ニューヨークメディアによれば、サンチェスに正捕手としてのメドが立ったため、ヤンキースは今オフ、高給取りのマッキャンのトレードに動いていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  9. 9

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る