マー君“女房役”失うか ヤンキースがマッキャンを放出へ

公開日:  更新日:

 チーム再建を図る全米屈指の人気球団が、ベテランの放出に動いた。

 ヤンキースは17日(日本時間18日)、アストロズとの間でブライアン・マッキャン捕手(32)のトレードが成立したと発表。アストロズからは、アルバート・アブレイユ(21)、ジョージ・グズマン(20)の若手右腕2人が移籍する。

 マッキャンは18年まで契約が残っているため、総額1700万ドル(約18億8000万円)のうち、ヤンキースが550万ドル(約6億600万円)を負担するという。

 長らく田中将大(28)とバッテリーを組んだマッキャンは、今季130試合で打率2割4分2厘、20本塁打、58打点。前半戦こそスタメンマスクをかぶったが、攻守にわたる働きを見せた若手のゲーリー・サンチェス(23)にはじき出される形で、後半戦は主にDHで起用された。

 複数の地元ニューヨークメディアによれば、サンチェスに正捕手としてのメドが立ったため、ヤンキースは今オフ、高給取りのマッキャンのトレードに動いていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る