落合GM“解任”の内幕 クビの決め手は中日ファンの脅迫電話

公開日: 更新日:

 球団にはファンからもGM批判が殺到した。中日OBが言う。

「チームが負け込み始めた7月下旬ごろから観客動員3万人割れが目立ち始めた。もともと地元財界、親会社内で落合の人気がないところにもってきて、チームは立ち直る気配すら見えない。落合批判の中には、脅迫めいたものさえあったとの話もある。球団関係者が身の危険すら感じるこうした外圧に、さすがにオーナーもGMをかばいきれなくなった。後任監督はGMが推していた小笠原二軍監督という話もあったが、森ヘッドコーチの内部昇格に舵を切った。今、編成面で森監督が積極的に動いているのも『GM外し』が前提だった。GMもそれをわかって、自らの職務を後任に託した」

 落合GMと白井オーナーの蜜月ぶりは周知のものだった。

 落合GMは就任2年目あたりからマスコミに一切、口をきかなくなった。ナゴヤドームにほとんど顔を出さず、「二軍施設で新聞読んでソロバンはじいてるだけ」と揶揄する声が内部から出ても、オーナーは聞く耳をもたなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  3. 3

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  4. 4

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  5. 5

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  6. 6

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  7. 7

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

  8. 8

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  9. 9

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  10. 10

    五輪開催「力強い支持」のマヤカシ G7首脳は塩対応だった

もっと見る