日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大谷より信頼 小久保監督「WBC開幕」を菅野に託す理由

 日本ハム・大谷がWBC開幕戦となる来年3月7日のキューバ戦に「合わせていきたい」と先発を希望している。最速165キロの二刀流は打っても凄い。2大会ぶりの優勝へ、大谷がキーマンなのは間違いないが、侍ジャパンの小久保監督は先発の軸、エースとして大谷以外の投手を想定しているという。

 NPB関係者がこう言うのである。

「メジャー勢の田中(ヤンキース)、前田(ドジャース)らが出場を辞退することが前提になるが、巨人の菅野にエース格の期待を寄せています。11月の強化試合はCSを体調不良で登板回避した直後。無理はさせたくないため、最初から登板予定はなかったにもかかわらず、あえて招集しています。大谷は打者として打席に立つ可能性があって、投手としては、他のメンバー次第では抑えや救援陣に回る可能性も残されている。起用法が流動的な大谷より、先発としては菅野をアテにしている。意気に感じて欲しいから、小久保監督はすでに本人にも伝えているようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事