現地メディアも熱視線 日ハム大谷にNYが「ウエルカム」

公開日: 更新日:

「いやね、メジャーの重鎮が集うウインターミーティングで騒ぎになるのは分かるんだけど、最近はニューヨークメディアにも『Shohei Otani』の活字がひんぱんに登場するようになった。野球ファンも『メッツでもヤンキースでも構わないから、オオタニがニューヨークに来ればいいのに……』と話しています。とにかく大変な人気ですよ」

 こう言うのはニューヨーク在住の特派員のひとり。

 20日、WBC日本代表に選ばれ、日本プロスポーツ大賞を受賞した大谷翔平(22=日本ハム)のことだ。

「新労使協定で契約金に上限があり、30球団すべてに獲得のチャンスが出てきた。ただ、中4日先発のメジャーで合間に打者というのは、さすがに無理がある。現実的なのは投手も打席に立ち、二刀流が可能なナ・リーグへの移籍じゃないかという声が多い」(前出の特派員)

 来春、アリゾナで行われる日本ハムのキャンプやWBCは、メジャー30球団が本腰を入れて大谷をマークするという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  4. 4

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  7. 7

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  10. 10

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

もっと見る