巨人・岡本 ポジションなくても「レギュラー取れ」の難題

公開日: 更新日:

 巨人岡本和真(20)が26日、球団事務所で契約更改交渉を行い、200万円ダウンの1200万円でサインした。

 大きな期待を背負った高卒2年目は今季、春のキャンプから正三塁手をベテラン村田と争った。オープン戦では優先的に起用されたものの、自慢の打撃が振るわず、開幕前に二軍落ち。その二軍では打点王を獲得するなど非凡な面を見せる一方、一軍ではたった3試合の出場。10打数1安打に終わった。オフに派遣されたプエルトリコのウインターリーグでは、34試合で打率.257。「波が激しいシーズン。去年は後半が良くて、それを維持しようとやっていた。でもこのオフは1度ぶっ壊すくらいの感じ。来季は来季で作り上げたい」と意気込んだ。

 若手有望株の筆頭的存在ながら、大型補強の余波をもろに受ける。球団からは「ポジションではなくてレギュラーを目指してやって欲しい」と言われたという。今季の三塁の定位置は、打率3割超えで25本塁打の村田が守った。ここに、4番候補となる元楽天のマギーが加入する。まさにはじき出された格好で、岡本は左翼に挑戦中。現実的にはここでギャレットとの勝負になりそうだが、同時に三塁と一塁の練習も継続するというから大変だ。複数ポジション制はチーム方針とはいえ、ただでさえ苦手な守備の練習に神経を使うことは必至である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る