巨人・岡本 ポジションなくても「レギュラー取れ」の難題

公開日: 更新日:

 巨人の岡本和真(20)が26日、球団事務所で契約更改交渉を行い、200万円ダウンの1200万円でサインした。

 大きな期待を背負った高卒2年目は今季、春のキャンプから正三塁手をベテラン村田と争った。オープン戦では優先的に起用されたものの、自慢の打撃が振るわず、開幕前に二軍落ち。その二軍では打点王を獲得するなど非凡な面を見せる一方、一軍ではたった3試合の出場。10打数1安打に終わった。オフに派遣されたプエルトリコのウインターリーグでは、34試合で打率.257。「波が激しいシーズン。去年は後半が良くて、それを維持しようとやっていた。でもこのオフは1度ぶっ壊すくらいの感じ。来季は来季で作り上げたい」と意気込んだ。

 若手有望株の筆頭的存在ながら、大型補強の余波をもろに受ける。球団からは「ポジションではなくてレギュラーを目指してやって欲しい」と言われたという。今季の三塁の定位置は、打率3割超えで25本塁打の村田が守った。ここに、4番候補となる元楽天のマギーが加入する。まさにはじき出された格好で、岡本は左翼に挑戦中。現実的にはここでギャレットとの勝負になりそうだが、同時に三塁と一塁の練習も継続するというから大変だ。複数ポジション制はチーム方針とはいえ、ただでさえ苦手な守備の練習に神経を使うことは必至である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  8. 8

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  9. 9

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

  10. 10

    日テレが大博打 原田知世&田中圭で“2クール連続ドラマ”

もっと見る