巨人若手に漂う不信…山口俊“人的補償”で移籍志願続出か

公開日: 更新日:

 総額30億円を超える特大補強の火種が、水面下でくすぶっている。

 このオフはDeNAから山口俊ソフトバンクから森福、日本ハムから陽と史上初となる同一オフFA3選手取りを敢行した巨人。日本ハムとのトレードで吉川光と石川、外国人は4番候補として元楽天のマギー、守護神候補としてマリナーズの164キロ右腕・カミネロも獲得した。スポーツ紙などは「ほとんどのポジションをバランス良く補強」などと能天気に評価しているが、巨人の若手選手の多くがため息をついているという。

 山口俊の人的補償を選択できるDeNAの高田GMは、獲得可能リストの中に「魅力ある選手がいた」と明言している。投手が濃厚だが、巨人に通達するのは年明けになる見込み。巨人のある若手は「手を挙げたいくらいですよ」と声を潜めてこう言った。

「阿部さんが、『オレもうかうかしていられない。読売ファイターズみたい』とイベントで発言していて、共感した後輩も多いんじゃないですか。球団や首脳陣は『競争』と言うけれど、それが建前なのはみんな分かっている。現実問題として若手が出る幕はほとんどないだろうし、台頭するチャンスもないでしょう。それならDeNAか日本ハムに人的補償で移籍したい。そんな連中が続出しているんです。この前、楽天にトレードされた小山さんがチーム内では『いいな~』とうらやましがられています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る