ベイから移籍の山口も直面 門倉健氏が語る“巨人の難しさ”

公開日: 更新日:

 史上初となる先発右腕・山口俊(29)、セットアッパー左腕・森福允彦(30)、外野手・陽岱鋼(29)のFA3選手を獲得した巨人。が、大きな重圧を背負うFA選手は実力を発揮できないことも多い。06年オフに横浜から2年総額2億円プラス出来高払いとされる契約でFA移籍しながら、在籍2年間で1勝にとどまった門倉健(43)氏に、巨人の難しさなどを聞いた。

――05年11勝(8敗)、06年10勝(9敗)と2年連続2ケタ勝利が巨人に評価されての入団。国内4球団目の巨人は、他と違いましたか?

「一番初めにビックリしたのは、メディアの多さです。横浜の3倍くらい。まずこれに圧倒されました。いつも見られてるなと。注目されることに凄くやりがいを感じる一方で、どこかでブレーキをかけながらやっていかないと、押し潰されちゃうんじゃないかという不安もありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  3. 3

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  4. 4

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  5. 5

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  6. 6

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  7. 7

    昔はリクルートで食べている物書きがたくさんいた

  8. 8

    「利他」の落とし穴とブームへの懸念 伊藤亜紗氏に聞いた

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    客5人で…清志郎さんに「RCでは商売にならない」と告げた

もっと見る