日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ベイから移籍の山口も直面 門倉健氏が語る“巨人の難しさ”

 史上初となる先発右腕・山口俊(29)、セットアッパー左腕・森福允彦(30)、外野手・陽岱鋼(29)のFA3選手を獲得した巨人。が、大きな重圧を背負うFA選手は実力を発揮できないことも多い。06年オフに横浜から2年総額2億円プラス出来高払いとされる契約でFA移籍しながら、在籍2年間で1勝にとどまった門倉健(43)氏に、巨人の難しさなどを聞いた。

――05年11勝(8敗)、06年10勝(9敗)と2年連続2ケタ勝利が巨人に評価されての入団。国内4球団目の巨人は、他と違いましたか?

「一番初めにビックリしたのは、メディアの多さです。横浜の3倍くらい。まずこれに圧倒されました。いつも見られてるなと。注目されることに凄くやりがいを感じる一方で、どこかでブレーキをかけながらやっていかないと、押し潰されちゃうんじゃないかという不安もありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事